評価の高い病院検索

第三者評価による認定病院について

  1. 認定病院の検索方法

    JCQHC「認定病院一覧」のページから、地域別(左下)あるいは都道府県別で検索できます。

    検索は、こちらからお入りください。

  2. 第三者評価の必要性

    医療を受ける側としては、適切かつ質の高い医療を安心して受けられることを常に求め続けていますが、これまで、医療を提供する側の「自己努力」について客観的な評価がなされることはありませんでした。今後、医療の高度化・情報化がより一層進展するなか、専門知識を持つ第三者による公正な評価は欠かせないといえます。アメリカでは、既に50年ほど前から行なわれ、各病院にとってアメリカ病院協会(JCAHO)の認定証は必須の条件となっています。

  3. 財団法人日本医療機能評価機構(JCQHC)とは

    1976年、日本医師会内に「病院委員会」が設置され、病院の機能評価に関する取り組みが始まりました。その後、日本医師会と厚生省が「病院医療の質」についての研究を重ね、1995年、厚生省、日本医師会、日本病院会等が出資主となり、財団法人日本医療機能評価機構(JCQHC)が発足しました。1997年からは本事業を開始、医療施設を学術的・中立的に評価することにより、その結果明らかになった問題点の改善について助言・相談に応じ、医療の質を評価するとともに更なる質の向上を目指す機会を提供しています。

  4. どのような審査を受けるのか

    評価は「書面審査」と「訪問審査」から構成されています。書面審査が先に実施され、その分析結果を事前の参考資料として訪問審査が行われます。
    書面審査は「病院機能の現況調査」と「自己評価調査」から構成されています。 「自己評価調査」は、病院の責任者が所定の質問票に回答するものです。この自己評価の内容は、次に述べる訪問審査による第三者評価の内容と、基本的に同一のものです。

    訪問審査は、評価機構から委嘱された評価調査者(サーベイヤー)が、病院を訪問して「訪問審査調査票」に基づき所定の項目について審査するものです。複数のサーベイヤーがチームとなって審査を行います。 訪問審査当日は、まず病院の基本的事項や全般的問題についてサーベイヤー全員が管理者等との面接を行い、その後それぞれの専門領域についての面接と病院の各部署の訪問調査を行います。これらを受けて所定の評価項目について審査を行います。 訪問後にサーベイヤーは「審査結果報告書案」を評価機構に提出します。

    JCQHCでは提出された報告書案を「評価部会」「特別審査員会議」で詳細に検討し、最終的には「評価委員会」において審査結果が承認されます。
    認定を受けると、JCQHCから「認定証」が発行されます(5年間有効)。現在、認定証発行数は1260病院(2004年5月17日時点)となっています。

  5. 評価項目について

    評価対象領域(項目)は第1領域~第6領域があり、それぞれに詳細な審査項目が設けられています。

    • 第1領域 病院組織の運営と地域における役割
    • 第2領域 患者の権利と安全の確保
    • 第3領域 療養環境と患者サービス
    • 第4領域 診療の質の確保
    • 第5領域 看護の適切な提供
    • 第6領域 病院運営管理の合理性
  6. 評価する「第三者」について

    第三者とは、JCQHCの評価調査者(サーベイヤー)です。サーベイヤーの資格条件としては、病院長・副院長相当職歴5年以上、看護部長相当職歴5年以上、事務長相当職歴5年以上などあります。

  7. 評価結果の情報提供

    評価結果の詳細についても検索できます。ここをクリックしてご覧ください。